MENU

にきびと似ている脂漏性皮膚炎

にきびに似ている症状で脂漏性皮膚炎という症状があります。これは皮脂の分泌が多いといわれている頭や顔の鼻の周りなどに出来やすいといわれています。少しにきびに似てるために、にきびと間違いやすいのですが、脂漏性皮膚炎という症状です。毛穴が開いて皮脂の分泌が多いといわれています。にきびに似ている症状の脂漏性皮膚炎は男性ホルモンの分泌によって起きたり、食生活などが関係して、出来るといわれています。にきびの場合にはアクネ菌が原因でにきびの症状が出来るといわれているのですが、こちらのにきびに似ている脂漏性皮膚炎の方は、マラセチア菌という真菌が原因とも言われています。

 

にきびに似ている脂漏性皮膚炎はにきびではないことがわかっていますが、にきびと合体して、発症することもあるそうです。その場合は、にきび治療では脂漏性皮膚炎を治すことができませんし、逆に脂漏性皮膚炎の治療ではにきびを治すことが出来ないのが現状です。にきびに似ている脂漏性皮膚炎の治療には、少し強い目のステロイド剤や抗真菌剤が治療に使われるようです。にきびだと思って、にきびの治療をしていても一向に治らない症状の場合は脂漏性皮膚炎の場合もあるので注意したほうがいいでしょう。

にきびと肌荒れ

 

にきびと肌荒れに悩む人は多いと思いますが、疲れがたまってきたり体調が崩れたりすると、肌あれになって、にきびに悩むという人も多いと思います。肌あれというのは肌の機能が低下している状態ですから、肌が弱くなっていて普段はそれほど菌があっても影響がなかったのに、にきびが出来やすくなるというわけです。肌あれの時というのは気をつけておかなければ普段はにきびが出来ないという人でもにきびが出来やすくなる可能性があるということを覚えておきましょう。にきびが出来やすい状態にある肌は肌荒れしているということになります。
肌荒れやにきびになっている肌というのは、敏感肌ですから、刺激の強い化粧品を使ったりしないように、できるだけ、敏感肌用、肌荒れ用、にきび肌用の化粧品を選ぶようにした方がいいでしょう。
一度肌荒れが慢性化したり、にきびが出来やすい状態になってしまうと、残念なことににきびがなかなか治りにくい体質になったり、何度もにきびや肌あれを繰り返すような肌になってしまいますから注意しましょう。
肌荒れがひどいと思ったら、適切なケアをしてそれ以上悪化することのないようにして、そしてにきびケアをしていくことが大切です。

にきびを治す

 

にきびを治す方法を知りたくて色々と情報収集をしている人も多いと思います。にきびを治す方法はとても簡単です。どんな方法でにきびを治すのかというと、とにかくまずは自分がなぜにきびが出来てしまったのか、原因を探ってみるといいと思います。にきびが出来た原因がわからない限りは治しようがないですから、自分がなぜにきびが出来てしまったのか原因を探ってみましょう。
例えば洗顔が十分でなくてすすぎ残しがあったためににきびが出来てしまったという人も中にはいると思いますし、他にも、疲労や食生活の乱れなどが原因でにきびが出来てしまったという人もいるでしょう。
自分がなぜにきびが出来てしまったのか、そのことを原因を探るととにも対処、ケアしていくことが出来ればスムーズににきびを治すことができます。にきびが出来てしまって、何が原因かもわからないのに、とりあえずにきびの薬をつけておけば治ると思っている人は、一度治ったとしてもそれは一時しのぎにしか過ぎず、原因の根本的な改善が行われない限り、にきびが繰り返されると思います。にきびをちゃんと基礎から治したいと思っているのであれば、自分がなぜにきびが出来たのか原因をさぐることです。